【物語8】抜け毛からの逆転!育毛剤とサプリメントを使って発毛(育毛)に成功?

薄毛物語

熱中症で倒れ、数日間、自宅療養となった。

自分が情けなく思えた。

抜け毛からの逆転!育毛剤とサプリメントを使って発毛(育毛)に成功?

抜け毛への不安との葛藤

吐き気と、めまいがひどく、食欲は全くない。

口にしたものといえば、あんなに避けていた水分だけだ。

 

自宅で休んでいる間、私はずっとポカリを飲んでいた。

 

 

そして、これからのことをずっと考えていた。

 

 

(水分を摂れば汗をかくし、でも水分を摂らなければ、熱中症で倒れてちゃう。

してもしなくても、どちらにしても体に悪い。どうすればいいの、どうすれば抜け毛が止まるの、、

 

このままじゃ本当に髪が全部抜けちゃう。

そんなの嫌、でもどうしたらいいかわかんないよ、、

 

なんで私だけこんな目に遭わなきゃいけないの?

なんで?なんで?なんで?

神様は不公平だな、、この先、どうやって生きていけばいいの、、)

 

 

不安と葛藤しながらも、これ以上会社に迷惑はかけられないと、私はひたすらポカリを飲み続けた。

 

 

 

 

ようやく体調が回復し、会社へ出勤した。

周りのみんなはすごく心配してくれた。私も精一杯平気なフリをする。

実際のところ、カラダの方は本当に元の健康な状態に戻った。

 

でも、髪と、落ち込んだ気持ちは回復してない。

愛想笑いをしながら、休んだ間に溜まった仕事に手をつけた。

 

育毛剤とサプリメントを注文する

倒れてから仕事に戻って数日後、自宅に小包が届いた。

私はこの小包が届くのを、心待ちにしていた。

というのも、実はネットで、育毛剤とサプリメントを注文していたのだ

 

 

熱中症で倒れ、自宅で寝いている間、抜け毛を防ぐための方法をインターネットで検索していた。

こで見つけたのが、口コミで評判の高かった某育毛剤とサプリメント。

 

 

藁(わら)にもすがる思いで、育毛セットを注文したのだ。

それでも、購入するまでに随分悩んだりもした。

 

 

(この「効果あった」口コミって本当かなぁ、、うーん、どうなんだろう。

写真のbeforeとafterだって、本当なのかなぁ。あまりにも出来すぎてない?

 

でもさ、仮にもしこの写真が本当だとして、これだけ髪が生えてくるなら、私ならもっとフサフサになるんじゃない?

 

だってこの写真の男性、私より髪が少ないのに、こんなに生えているんだからさ。

 

え、そう考えると、この男性よりマシな私が(失礼)育毛剤とサプリを使えば、かなり髪の毛が増えるんじゃない?

だったら使ってみようかな、これだったら発毛に期待できるかもしれないし。

 

ていうか、絶対生えるでしょ。

だってこのオジサン(失礼)より、私の方が全然マシだし!

 

あぁ、でも金額結構高いな、、1ヶ月でこんなにかかるのか。

ホームページでは最低でも3~6ヵ月は続けろって書いてあるし。てことは、最低3ヵ月で計算すると、、

 

うーん、高いけど、出せなくもない金額だな。

でもこの金額で髪が生えるのなら、ケチらず、出した方が自分のためだよなぁ・・)

 

 

こんな心の中で葛藤していくうちに、無意識に自分に言い聞かせていたのだと思う。

 

「この育毛セットを使えば、髪が生えてくる」と。

 

すると本当にこの育毛セットを使えば髪が生えるんじゃないかと思うようになり、

いや、本当は、髪が生えると思いたかった、信じたかったのかもしれない。

 

いずれにしても、この育毛セットが私にとって一筋の光となり、これさえ使えば絶対大丈夫!と思って注文したのだ。

 

まさかの発毛(育毛)に大感激!!

そんな思いで届いた育毛セット。育毛剤のローションと、サプリメントが入っていた。

届いたその日から、ローションを頭皮につけ、サプリメントも毎日飲み続けた。

 

 

すると、育毛セットを使用して3ヶ月、驚いたことに、おでこに薄っすら産毛が生えてきたのだ。

 

 

これには本当に嬉しかった。

毎日鏡でおでこを見ては、嬉しくて微笑む私。

 

(やった!髪が生えてきた!

嬉しいよぉ。本当に嬉しい!

 

このまま頑張れば、もっと髪が生えてくるはず!!

うん、これからも頑張ろう!

あぁ、この育毛セットを買って、本当によかった!!)

 

 

嬉しさのあまり、鏡を頻繁に見るようになった。

さらに嬉しいことに、生えてきたのはおでこだけじゃなく、頭全体にも生えてきたのだ

 

初めはおでこの産毛に気づいた。

それは、毎日メイクするとき鏡を見るから、一番目につくからだ。

目に見えて髪が増えているのがわかる。

 

 

すると今度は、シャンプーやドライヤーをするとき、髪の肌触りが違ったのだ。

いつもスカスカだった髪に、明らかにボリュームが出たのがわかる。

 

 

つまり、髪の毛が増えたのだ。

 

てことは発毛(育毛)したのだ。

 

 

シャンプーしたあと、ドライヤーをかけ、乾いた髪(頭のてっぺん)を触ると、本当に髪が増えたのがわかる。

 

あんなにスカスカでペシャンコだった髪が、確実にボリュームが出て増えているのだ。

 

もちろん薄毛であることには変わりない。

けれど、以前の悲惨な状態に比べたら、たとえ人より髪は少なくても、自分の中では満足だった。

 

スポンサーリンク

変化を感じられなくなって焦る

それから1年、私は育毛剤とサプリメントを使い続けた。

お陰で薄毛に悩むことは、だいぶ軽減された。

 

けれど育毛セットを使って1年、あることに気づいたのだ。

 

確かに髪は増えている。

 

でもあの三ヶ月目の産毛の感動以降、徐々に増え続けたが、劇的な変化はない。

 

 

たしかに以前のスカスカの状態に比べたら、確実にボリュームが出ている。

けれどその状態が当たり前になってくると、やっかいなことに、欲が出てしまったのだ。

 

もっと髪の毛が欲しい、もっと増えて欲しい、なんで増えてくれないの、、

 

以前に比べたら明らかに有難い状態なのに、一度欲が出てしまうと、“もっともっと”と思ってしまう。

 

その背景には、毎月高い育毛セット代を支払っているんだから、それに見合った対価(髪の毛)をもらいたいと思っていたのだ。

 

 

当時一人暮らしをしていた私にとって(今もだが)、育毛セット代は痛い出費だった。

でもこれで髪が増えるのなら、出し惜しみはしないという考えで1年間払い続けた。

 

でも効果がなくなってしまったように感じた今、支払うことにためらいを感じるようになった。

 

 

そこで考えたのは、育毛セットを使う量を減らすことだった

ローションを毎日ではなく、2,3日に1回塗る。サプリメントも同じく、2,3日に1回飲む。

始めこそは量を減らしても、髪の毛に変化はなかった。

「なんだ、もう毎日使う必要なんてないんじゃん」そう思っていた。

 

 

 

 

しかし2、3ヵ月が経ったころ、髪全体のボリュームがなくなっていたことに気づいた。

「アレ?おかしいな。髪がペシャンコになってる、、たまたまかな」

 

軽く捉えていたが、髪の状態は徐々に深刻になっていった。

抜け毛が増えて、地肌も見えるようになってきた。

 

 

さすがにこれにはマズイと気づき、急いでローションとサプリメントを使い始めるが、なかなか効果が出なかった。

もちろん、多少は抜け毛を抑えることはできた。

 

でも初めて使ったときのように、目に見えて髪が増える、ボリュームが出る、ということはなくなったのだ。

 

落胆した。

でも育毛セットを使うのをやめると、また抜け毛が増える。地肌が見える。

 

せっかくの希望であった育毛セットが、憎らしく思えてきた。

 

喜びから一転、暗闇と絶望の世界へ

自分の抜け毛を見ては、絶望的な気持ちになる。

 

(私は一生育毛セットを使わないといけなんだ、、

これがないと、髪が抜けちゃう

でもお金も手間もかかる

でも私の髪は人と違うんだし、これくらいのことはやらないと

 

でももういい加減いやだ

こんなに髪に苦しめられるのは嫌だ

人目を気にする生活も嫌だ

 

あぁ、でもまた“ハゲ”ってバカにされるのかな

もう嫌だ、嫌だ、嫌だ、、、)

 

 

出口の見えないトンネルに入っている気分だった。

もう光も希望もない、暗闇の世界にひとりでポツンといる。

 

だれも助けてはくれない、だれも救いの手を差し伸べてはくれない、ただひたすら孤独である、そんな気分だった。

 

 

 

この頃は、精神的に本当に追い詰められていた。

追い詰めていたのは他のだれでもない、自分自身だった。

 

髪が抜けることが恐怖以外なにものでもなくて、育毛セットを使うのが苦痛で、周りの目を気にしすぎて、、本当につらかった。

 

 

つらくて、つらくて、つらくて、毎日泣いた。

毎晩ベッドの中で、ずっと泣いてた。

 

もう、生きることすら疲れてきた。

ラクになりたかった。

だれの目も気にしない、ラクな人生を、、

 

 

 

そして極限まで追い詰められた私は、会社を辞めたのだ。

タイトルとURLをコピーしました