「子ブタ」と言われショック!そして痩せることを決意!!

毛活・体質改善

前回に続きで、若葉がどうやって太って、どうやって痩せたかをお話ししてきますね。

太った原因は引きこもり

若葉は子どものころから、標準体型でありました。

ですが、太っていた時期もありました。

 

いつ太っていたかって?それは

 

会社を辞めて、家に引きこもっていた時です。

 

 

 

こちらの記事でも書いていたのですが↓

【物語9】人目を気にして会社を退職。気持ちはラクになったが、生活費が苦しくなる

 

 

若葉は薄毛がつらくて、長年働いていた会社を辞めてしまったのです。

 

 

当時30歳。

薄毛に対するコンプレックスが激しくて、誰にも会いたくない、誰にも見られたくないという思いから、家に引きこもってしまったのです。

 

 

家に引きこもれば当然、運動量はガクっと落ちます。

仕事を辞めてしばらくは、気分転換がてら家の近所を散歩とかしてましたが、それすらも嫌になり。。

 

 

やがては完全に家に引きこもってしまうようになったのです。

 

 

となると、ただ食べて寝るだけの生活です。

 

好きなときに食べて、好きなときに寝る生活。

歩くといえば、家の中と、スーパーやコンビニへの買い出しくらい。

 

どこかへ出かけるわけでもなく、ただただ、家の中に閉じこもる生活でした。

 

 

 

そんな生活を続けていれば、当然太りますよね。

その当時の体重は、たしか7kgぐらい増えていたと思います。

 

でも7kg増えても、もともと標準体重よりは少なかったので、肥満になったわけではなく。

さすがに標準体重はオーバーしましたけど、さほど気にすることはありませんでした。

 

 

キツイ一言を言われ、危機感を覚える

当時は人に会いたくなくて、誰にも会わない生活でした。

でも唯一、母親と、いとこのキミちゃんだけには会っていたのです。

 

母親はともかく、キミちゃんはなんでもズバズバ言う性格ですw

 

でもそれは性格が悪いわけではなく、自分が思っていることを本音で言ってるだけなんですよね。

 

 

 

だから太った若葉を見て

 

「あんた太った?子ブタに見えるよ(笑)」

 

とストレートに言ってくれました。爆

 

 

 

言われたときはちょっと傷ついたけど、でもキミちゃんのお陰で、自分が太ったことに気づいたんですよ。

 

 

家にばかり引きこもってばかいりた若葉は、自分が太ったことさえ自覚していませんでした。

いや多少太ったな、とは思っていたけど、まだ大丈夫だろうと、なんか余裕があったんですよね。

 

でもキミちゃんに指摘されて、そこでやっと太ったことを自覚しました。

 

 

 

 

そして

 

薄毛で子ブタはヤバイ

 

と危機感を覚え、元の体重に戻すことを決意したのです。

 

スポンサーリンク

子ブタの若葉が痩せることを決意

結果的にはキミちゃんの言葉でダイエットをして、痩せることができたのですが、
やっぱり「子ブタ」はキツかったですね。(:_;)

 

「子ブタ」や「子デブ」を連呼されて、さすがにへこみましたからね。

 

 

でもこうでも言わないとハゲ子は痩せないだろうと、キミちゃんはわざと言っていたのかもしれません。

 

・・・いや、そんなわけないか。

ただ単に、自分の思ってることをストレートに言う人ですからw

 

 

 

とにもかくにも、痩せることを決意した若葉。

じゃあなにをして痩せたのかと言うと・・・

 

次回書きます!

 

なんか引っ張ってるわけじゃないけど。

長くなるので、次回、詳細を書いていきますね。

タイトルとURLをコピーしました