白髪を隠すときに便利なマスカラ!

美髪グッズ

白髪対策で愛用しているマスカラ

年齢とともに、白髪が増えていきます。

こればっかりは、どうにも止められません。

 

今日は、若葉が白髪対策として愛用しているグッズをご紹介します。

それがこちら↓

 

 

表面

裏面

(見づらくてすみません)

 

 

白髪を隠すマスカラタイプのものです。

 

使い方は簡単で、まつ毛にマスカラを塗るのと同じ要領で、白髪に塗ればいいだけという極めて単純なもの。

 

 

 

でもこれがいざって時に役に立つんですよ!

 

 

 

カラーリングをして、始めのうちはいいけれど、1ヵ月も経つと、生え際に白髪が見え始めませんか?

 

若葉は1ヵ月半~2ヵ月に1回はカラーリングしているのですが、もう2ヵ月も経つと、かなり頭が真っ白!!

 

 

髪や頭皮のことを考えるとあまりカラーリングはしたくないのですが、、

頭の雪(白髪)を取らなければ、悲惨な状態になりまして。

 

さすがに2ヵ月も経てば美容室に染めに行きますが、まだ染めて1ヵ月じゃ早いと思って。

 

 

でも生え際にニョロニョロ(白髪)が見えてきて、どうにか隠したい!って時に救いの手を差し伸べてくれたのがこの白髪マスカラなんです。

 

隠す・ごまかすの、応急処置としておすすめ

ピンポイントで白髪にササっと塗れば、あら不思議!

さっきまであったニョロニョロが、まっくろくろすけになったではありませんか!!

 

・・なんてちょっとオーバーな表現しましたが。

 

 

このマスカラを塗れば、100%完璧!とはなりませんが、ある程度の白髪は隠してくれます。

 

あくまで応急処置としてですね。

 

 

カラーリングするにはまだ早いし、かといって、このまま白髪が見えてるのも恥ずかしい、、

そんなときに、マスカラをちょちょっと塗ってごまかす(隠す)って感じかな。

 

 

それにやっぱり“ある程度”の白髪であって、頭全体的に白髪になってしまった場合、それはもう染めちゃった方がいいですね。

もう隠すとかごまかすレベルではないので。

 

 

だからあくまで応急処置としてのマスカラなんですね。

 

スポンサーリンク

つけ過ぎにはご注意を

あ、そうそう、ひとつだけ使い方の注意を。

 

このマスカラにたっぷり液体がついた状態で白髪を塗ろうとすると、

白髪ではない(黒髪)部分にまで液体がついて、髪の毛数本がくっついてかたまりになっちゃいます。

 

 

 

白髪1本だけ塗るのは難しくて、白髪周辺の髪の毛にまで液体がついて、複数の髪の毛がくっつくわけです。

それが乾いて髪の毛の束?みたいな感じになって。

 

うーん、表現が難しいですが、髪の毛が多い人ならなんら気にしないと思います。

 

 

 

けれど、若葉のように薄いと、髪の毛が束になる分、頭皮が見えやすくなってしまうんですよね。

 

だからコツとしては、マスカラについた液体はほんの少しティッシュで抑えてから白髪につけた方がいいかなと。

 

 

あんまり液体を拭き取っちゃうと、今度は白髪が黒く染まらないですからね。

多少の微調整が必要ですが、何回か使っていれば、なんとなく自分に合った分量とかわかってくると思います。

 

 

 

年齢とともに白髪の本数も増えるし、生えてくるスピードも速くなります。

いざって時にこの1本があれば、かなり役立ちますので、参考にしてくださいね。

 

 

スカルプD  ボーテ  ヘアマスカラ <染毛料> 10mL ダークブラウン

タイトルとURLをコピーしました